【いのちをつなぐチャリティマルシェ2017春の支援先について・あわせて寄付金のお願い】

【いのちをつなぐチャリティマルシェ2017春の支援先について・あわせて寄付金のお願い】
いつもであれば、終了後に報告をする支援先ですが、今回は事前にお知らせをさせていただきます。

今回の売上のうち、東北の被災企業のみなさまへのお支払、消耗品費を除いた額は、
【東日本大震災・東京電力福島第一原発事故により、北海道に避難を強いられた方のうち、生活困窮世帯に対し、直接的な家賃補助として寄付させていただきます】
東日本大震災により避難している家族に対する国や避難元自治体の支援は、年をおうごとに縮小しています。
多くの方々の避難先となった雇用促進住宅も、様々なハードルが課せられ、多くの方が退去を余儀なくされています。
避難世帯のなかには、母子避難を続けている方も多く、家賃補助が縮小されることで、大変困窮することが予想される方も多くいらっしゃいます。
いままでの仕事のキャリアの積み重ねや、マイホームなどを投げ打って、家族での避難、家族を分断された避難を余儀なくされている人たちに、直接的になにかできないか。

すべての方を救うことはできません。
しかし、そのことがなにもやらない理由にはならないと考えます。
支援できた人、できなかった人に、わだかまりを残すのではないか。
避難者の方々にも直接意見を聞いたり、避難者支援団体の方とも、かなり突っ込んだ議論を重ねてきましたが、
最終的に、いのちをつなぐチャリティマルシェの実行委員長の今野として、
「やらない善より、やる偽善」の考えのもと、避難者への直接的な支援を行うこととしました。

現在考えているのは、
2万円/月×12カ月=24万円の家賃補助です。
今後、希望される世帯の方には、いくつかの聞き取り項目に応じていただいた上で、最終的に選ばせていただくことと考えております。

これまでのチャリティマルシェの実績でいえば、対象とできるのは、せいぜい3世帯ほどでしょう。

みなさまへお願いがあります。
チャリティマルシェで買い物をすることで、避難者家族への支援につなげていただくという方法もあります。
その一方で、直接的な寄付金も募ることとしました。
1世帯でも、多くの方の支援につなげられるよう、寄付についても、なにとぞお願いしたいと思います。

寄付先口座
ゆうちょ銀行
店名:ゼロイチハチ
普通 口座番号:7884848

ゆうちょ間の振込
10160-78848481

口座名義:イノチヲツナグチャリティマルシェ

詳細については、引き続きお知らせいたします。

どうぞ、よろしくお願いいたします、

2月14日

  いのちをつなぐチャリティマルシェ実行委員長 今野 徹

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Facebookにコメントを残す